メインメニューを開く
文化庁本 酒飯論絵巻 部分 

酒飯論絵巻(しゅはんろんえまき)は、16世紀に制作されたと言われる日本絵巻。『下戸上戸絵詞』『三論絵詞』『酒食論』『下戸上戸之巻』とも呼ばれる。1巻、詞書と絵が各4段。酒好きの男と、下戸でご飯好きの男、両方適度に嗜む男の3人がそれぞれの持論を展開するという構成で描かれている[1]。調理から配膳、飲食の様子が詳細に描かれており、当時の食文化を知る貴重な資料となっている。

目次

概要編集

最も原本に近い、もしくは原本そのものの可能性がある文化庁本の大きさは、縦30.7×長さ1416cm。狩野元信の筆になるものと、土佐光元によるものがあり、その模写本や異本が多数存在する[1]。主人公の三人は、酒好きの公家・造酒正糟屋朝臣長持(みきのじょうかすやあそんながもち)、飯好きの僧侶・飯室律師好飯(いいむろりっしこうはん)、中庸派の武士・中左衛門大夫中原仲成(ちゅうざえもんだゆうなかはらなかなり)である[2]

4部構成になっており、第一段に三人の紹介、第二段では酒の徳、第三段では飯やおかず、茶の面白さ、第四段ではどちらもほどほどがよいと語られる[1]。長持は念仏宗[3]、好飯は法華宗、仲成は天台宗のそれぞれ宗徒であり、表向きは飲食について語りながら、天台宗の中道観の優位性を説いている。また、公家と僧侶の争いを武士が仲裁するのは、室町時代の権力構造を反映しているといえる。

2009年から多分野に渡る研究者の共同研究の対象となり、2012年に研究報告がなされた。

伝本リスト編集

系統 所蔵者(所蔵番号) 形状・員数 技法 寸法(縦x横cm) 年代 備考
詞書のみ 神宮文庫(一六〇五) 1冊 紙本墨画 成立年不明
詞書のみ 金沢市立玉川図書館近世史料館 1冊 紙本墨画 成立年不明
土佐光元系統絵巻 静嘉堂文庫美術館 1軸1巻 紙本著色 17.5x1297.4
土佐光元系統絵巻 東京国立博物館(A-2819) 1軸 紙本一部淡彩 25.7
土佐光元系統絵巻 国立国会図書館(本別七ー五六五) 1軸 紙本墨画、一部著色、色指示有り 16.6
狩野元信系統絵巻 文化庁[4] 1軸 紙本著色 30.7x1416 16世紀中期
狩野元信系統絵巻 個人(勝海船旧蔵) 1軸 紙本著色、色指示有り 28.7x713.2 16世紀(安土桃山時代 詞書無し
フランス国立図書館本とその系統 フランス国立図書館(Japonais 5343) 1軸 紙本著色 31.1x732.5 近世中期 詞書無し
フランス国立図書館本とその系統 群馬県立歴史博物館 1軸 紙本著色 31.1x732.5 江戸時代
フランス国立図書館本とその系統 東京国立博物館(A-2779) 1軸 紙本淡彩 40.4x1558 明治時代 フランス国立図書館の模写か
フランス国立図書館本とその系統 国立国会図書館(んー89) 1軸 紙本淡彩 41x1517.9 東京国立博物館(A-2779)の模写
著色他模写 大倉集古館 掛物対幅 紙本著色 24.2x44.2(各) 桃山・江戸時代前期
著色他模写 三時知恩寺 1軸 紙本著色 江戸時代
著色他模写 海の見える杜美術館(1986-145) 2軸 紙本著色 江戸時代
著色他模写 茶道資料館 1軸 紙本著色 34.5x1340.5 江戸時代 詞書が流布本系統に比べて相違点が多い。
著色他模写 国立国会図書館(本別10ー39) 1軸 紙本著色 36.2x583.1 江戸時代 詞書無し。絵画順番に相違
著色他模写 個人 2軸 紙本淡彩 32.5x396、32.5x597 江戸中期
著色他模写 愛媛県歴史博物館 1軸 紙本著色 34.5x826 江戸後期 詞書無し
著色他模写 チェスター・ビーティー・ライブラリー(CJB、1121-39) 1軸 紙本著色 34x1200 近世前期
著色他模写 ニューヨーク公共図書館(スペンサー・コレクション) 2軸 紙本著色 江戸中期 狩野探信 (守政)
著色他模写 大英博物館(アンダーソン・コレクション 177) 1軸 紙本著色 36x1187.5 江戸中期 詞書無し、絵画順序に相違
著色他模写 ボストン美術館(フェノロサ・ウェルド・コレクション) 1軸 紙本著色 36.6x1272 17世紀 勝田竹翁
著色他模写 京都大学文学部(別置449<152736>)(田中尚房旧蔵) 1軸 紙本著色 1914年(大正3年)
白描写本 茶道資料館 1軸 紙本淡彩 32.1x599.9 室町時代(?) 第1,4段の詞書と、第3,4段の絵が欠。色指示有り
白描写本 東京文化財研究所 1軸 墨画 27.2x1534.3 1795年寛政7年) 最初のみ色指示有り。第2段の詞書欠、詞書順序に相違
白描写本 文化庁 1軸 墨画 30.2x812 1820年文政3年)外箱 詞書無し、色指示有り
白描写本 T家本 1軸 紙本墨画 部分・色指示
白描写本 西尾市岩瀬文庫(141-42) 1冊 墨画 27.2x19.2 1847年弘化4年)序文 斎藤彦麿筆
白描写本 早稲田大学図書館(請求記号:チ04-00510) 1冊 一部朱書 28 1851年嘉永3年) 西尾市岩瀬文庫の模写
白描写本 慶應義塾大学魚菜文庫(旧称石泰文庫)(242x-169) 1軸 図書館題名は「絵巻写し(仮題)」。詞書無し。第3,4段の順序が逆
著色粉本 金沢市立玉川図書館近世史料館加越能文庫(特16-03-1) 1軸 紙本著色 39x1020 19世紀 佐々木泉玄写
未詳写本 「酒飯論絵巻画稿」の名前で2009年京都国立博物館に出品されたもの
蔀関月筆本系統 ギメ美術館 紙本著色 29.5x990.1 1846年 蔀関月筆酒飯論絵巻模本の木下蘆洲作模写

ヴェロック・ベランジュ 「『酒飯論絵巻』伝本リスト」(『『酒飯論絵巻』影印と研究 文化庁本・フランス国立図書館本とその周辺』pp.18-21)を元に作成。

フランス国立図書館本『酒飯論絵巻』第3段末尾より

脚注編集

  1. ^ a b c 酒飯論絵巻 -原本の確定とその位置づけ並木誠士、美學 45(1), 64-74, 1994-06-30
  2. ^ 酒飯論絵巻に描かれる食物について -第三段、好飯の住房を中心に伊藤信博、名古屋大学
  3. ^ 文化庁本第二段詞書末尾より。詞書には「念仏宗をぞ深く頼める」とあるだけで、絵からも念仏宗のうちのどれなのかは判別できない。
  4. ^ 並木(1994)では、N家A本と表記。

参考文献編集

  • 阿部泰郎・伊藤信博編 『【アジア遊学172】 『酒飯論絵巻』の世界―日仏共同研究』 勉誠出版、2014年3月20日
  • 伊藤信博 クレール=碧子・ブリッセ 増田伸一郎編 『『酒飯論絵巻』影印と研究 文化庁本・フランス国立図書館本とその周辺』 臨川書店、2015年2月28日、ISBN 978-4-653-04115-3
  • 並木誠士 『日本絵画の転換点 酒飯論絵巻―「絵巻」の時代から「風俗画」の時代へ』 昭和堂、2017年8月4日、ISBN 978-4-8122-1631-6

外部リンク編集