酪酸発酵(らくさんはっこう、(: butyric acid fermentation)とは発酵の一種。

概要編集

炭水化物乳酸から酪酸二酸化炭素水素酢酸などを生成する発酵。クロストリジウム属などの酪酸菌が嫌気的に行い、発酵の経路では解糖系を通る。なお、発酵時に用いられる菌の種類により他にアセトンブタノールエタノールイソプロピルアルコールなどを生じることもあり、特にアセトンおよびブタノールを多量に生じさせる発酵をアセトンブタノール発酵という。よくチーズの製造に利用される。

参考資料編集