醒ヶ井通(さめがいどおり)は京都市内の南北の通りの一つ。北は六角通から南は五条通まで[1]。途中蛸薬師通錦小路通の間で堀川高校敷地により分断されている[1]。かつては六角通から西九条町までの通りであったが、五条通以南は西隣の堀川通建物疎開によって東よりに拡張されたためにこれと重なり消滅した[1]

平安京には存在せず、豊臣秀吉による天正の地割で新設された通りである。堀川五条にあり名水として知られた井戸「佐女牛井」(さめがい)が通り名の由来である[1]

沿道の主な施設編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d ビジュアル・ワイド京都の大路小路 70頁

参考文献編集

  • 森谷尅久『ビジュアル・ワイド 京都の大路小路』小学館、2003年。ISBN 9784096815618

関連項目編集

京都市内の南北の通り
西隣の通り
堀川通
北は 六角通 まで 東隣の通り
油小路通
醒ヶ井通
南は 五条通 まで