重力微細構造定数

重力微細構造定数(じゅうりょくびさいこうぞうていすう)とは、微細構造定数と類似した、重力の強さを表す無次元定数のひとつである。陽子の質量 mpプランク質量 mpl との比を用いて、重力微細構造定数 αG は次式で定義される[1]

ここで G万有引力定数ħディラック定数c真空中の光速である。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 須藤靖『ものの大きさ : 自然の階層・宇宙の階層』東京大学出版会〈UT Physics〉、2006年10月、150頁。全国書誌番号:21144851ISBN 4-13-064100-XNCID BA78792749OCLC 170025930ASIN 413064100X