重変ニ(じゅうへんニ)は西洋音楽の音名のひとつ。の楽譜上の位置を変えずに半音下げた変ニからさらに半音(ニの楽譜上の位置を変えずに全音)下げた音であり、楽譜ではニにdouble flat重変記号)を付けて表す。各調の中で、この音を音階の中に含む調はない。

重変ニ
NotesDDoubleFlat.png
各言語での名称
英語 D-double-flat
独語 Deses
仏語 Ré double bémol
伊語 Re doppio bemolle
異名同音
嬰ロ
音階上の位置
テンプレートを表示

各オクターブの重変ニ編集

オクターブ表記 周波数 MIDI
Note No.
譜例 備考
国際式 日本
D -1 D 3 Deses3 下三点重変に 8.17579892Hz 0 MIDIの最低音
D 0 D 2 Deses2 下二点重変に 16.35159783Hz 12 ベーゼンドルファーインペリアルモデルのピアノの最低音の実音
D 1 D 1 Deses1 下一点重変に 32.70319566Hz 24 * C管コントラバス・チューバの最低音の実音
D 2 D  Deses 重変に 65.40639133Hz 36 * チェロの第4弦の実音、C管ユーフォニウムの最低音の実音
D 3 d  deses 重変ニ 130.81278265Hz 48 * ヴィオラの第4弦、6弦ベースの第1弦の実音
D 4 d 1 deses1 一点重変ニ 261.6255653Hz 60 * 中央ハフルートテナー・リコーダーの最低音の実音
D 5 d 2 deses2 二点重変ニ 523.2511306Hz 72 * ソプラノ・リコーダーの最低音の実音、テノールの最高音付近の所謂「ハイC」の実音
D 6 d 3 deses3 三点重変ニ 1046.5022612Hz 84 *
D 7 d 4 deses4 四点重変ニ 2093.0045224Hz 96
D 8 d 5 deses5 五点重変ニ 4186.00904481Hz 108 通常のピアノの最高音、グロッケンシュピールの最高音の実音
D 9 d 6 deses6 六点重変ニ 8372.01808962Hz 120