メインメニューを開く

野木村 忠邦(のぎむら ただくに、1945年9月6日 - )は、日本の法学者日本大学法学部及び大学院法務研究科教授。専門は経済法独占禁止法

経歴編集

1964年福島県立福島高等学校1968年慶應義塾大学法学部卒、同大学院法学研究科単位取得満期退学。日本経済法学会理事、日本国際経済法学会理事等を歴任。

気鋭の経済法学者として著名。また、経済紙等への多くの寄稿でも知られている。親族には、父福島大学教授、野木村規矩二(のぎむら きくじ。専門は哲学、東洋哲学)、長男の千葉商科大学准教授、野木村忠度(のぎむら ただのり。専門は、流通政策、マーケティング)がいる。

その他の経済法の法学者編集