メインメニューを開く

野村 一郎(のむら いちろう、1868年 - 1942年7月28日)は、日本の建築家

大阪と台湾、朝鮮を拠点に、旧台湾総督官邸(現台北賓館)、旧朝鮮総督府庁舎などの設計を手がけた。また、台湾総督府に在任中、台北市都市計画にも携わった。

経歴編集

栄典編集

主な作品編集

 
旧台湾総督官邸
(現・台北賓館)
 
旧朝鮮総督府庁舎

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第558号「叙任及辞令」1914年6月11日。

関連項目編集

参考文献編集

  • 日本建築協会80年史(日本建築協会 発行)