メインメニューを開く

野郎(やろう)とは、成人男性を指す言葉。江戸時代では前髪を落として月代を剃った男性を指した。のちにこの言葉は男性を侮蔑する場合に使用されるようになる(対語は「女郎(めろう)」)[1][2][3]

派生語編集

月代を剃った頭を「野郎頭」と言い、その「野郎頭」の役者のみで興業される歌舞伎は「野郎歌舞伎[4][5]」と呼ばれた(詳しくは歌舞伎#江戸時代の歌舞伎を参照)。 女形を演じる男性役者は、そり落とした月代を手ぬぐいなど隠したが、やがて「野郎帽子」と呼ばれる被り物を用いるようになった。 野郎歌舞伎の役者(「野郎」)が得意客に呼ばれて遊興の場に連なることもあり、「野郎遊び」、「野郎買ひ[6][7]」という言い回しが使用された。

脚注編集

  1. ^ 日本国語大辞典』第2版 13巻 小学館 2002年
  2. ^ 「野郎」『デジタル大辞泉』 goo辞書, kotobank
  3. ^ 「野郎」『大辞林 第三版』kotobank, weblio
  4. ^ 『新版 歌舞伎事典』
  5. ^ 野郎歌舞伎(goo辞書)
  6. ^ 野郎遊び(goo辞書)
  7. ^ 野郎買い(goo辞書)

参考文献編集

  • 日本国語大辞典』第2版 13巻 小学館 2002年
  • 『新版 歌舞伎事典』平凡社 2011年