金 俊(キム・ジュン、? - 至元5年12月21日1269年1月24日))は、高麗の武臣・権臣である。元々の名前は金仁俊で、武臣政権の第9代執権者であった。

金俊
各種表記
ハングル 김준
漢字 金俊
発音 キム・ジュン
日本語読み: きん しゅん
テンプレートを表示

生涯編集

崔忠献の家奴だった金允成朝鮮語版の子として生まれた。崔瑀に推薦され、崔沆朝鮮語版に仕えた。

高宗44年(1257年)、崔沆が死ぬと、子の崔竩朝鮮語版が務める執権に不満を抱き、高宗45年(1258年)3月、林衍朝鮮語版柳璥朝鮮語版崔温朝鮮語版らと共に三別抄を使って崔竩を暗殺した。

こういう訳で崔氏政権を打倒して王権を回復させて将軍に衛社功臣などがなった。その後、教定都監朝鮮語版がなった国家の非違の糾察と国使観察を担当した。続いて門下侍中朝鮮語版になり海陽侯に奉じられて、崔忠献になぞらえて権勢をふるった。

元宗9年12月(1269年1月)、国王の親モンゴル政策に反対したため、側近の林衍に暗殺された。

家族編集

  • 父親:金允成朝鮮語版
    • 兄弟:金沖(?-1269年)
    • 兄弟:金承俊(?-?)- 金沖の改名前の名前との説もある。
    • 夫人:未詳
      • 息子:金用材(?-1269年)- 後に金主に改名する。
      • 息子:金碩材(?-1263年?)- 戊午政変後に死亡したと推定される。
      • 息子:金大材(?-1269年)
    • 愛人:未詳
      • 息子:金皚(?-1269年)
      • 息子:金棋(?-1269年)
      • 息子:金靖(?-1269年)

文化に見られる金俊編集

関連項目編集


先代:
崔竩朝鮮語版
高麗武臣政権の執権者
1258年-1268年
次代:
林衍朝鮮語版