メインメニューを開く

金姫廷

韓国の政治家。第17,19代国会議員、第4代女性家族部長官

金 姫廷(キム・ヒジョン)は、大韓民国政治家セヌリ党所属の国会議員2014年から2016年にかけて朴槿恵政権下で女性家族部長官を勤め、慰安婦問題の担当者となっていた。

政治姿勢・言動編集

2013年5月27日-29日、 韓国国会女性家族委員会所属の女性議員らと訪日。日本の議員や市民団体に対し、従軍慰安婦問題をめぐる日本側の妄言について抗議する書簡などを渡した[1]

2014年の朴槿恵政権による内閣改造で、女性家族部長官に就任。2015年3月には、国際連合本部で開幕した女性の地位委員会の全体会議に長官として出席、慰安婦問題に関連して日本を批判した[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 韓国女性国会議員らが訪日 「慰安婦妄言」に抗議”. 聯合ニュース (2013年5月27日). 2019年2月9日閲覧。
  2. ^ 韓国政府、国連で初めて慰安婦問題に言及”. レコードチャイナ (2015年3月10日). 2019年2月9日閲覧。