メインメニューを開く

金子 正且(かねこ まさかつ、1918年6月7日 - 2007年11月21日)は映画プロデューサー。群馬県出身。

作品編集

1946年京都帝国大学卒業と同時に東宝撮影所へ入社。戦争中は一度退社し、宇部興産に勤務する。戦後再び東宝に入社するが、東宝争議藤本真澄とともに再び退社し、藤本プロを経て1957年に東宝へ契約者として三度目の入社し、並木透の名前で原作や脚本を手掛けた。しかし藤本の死で独立し銀座の名画座「並木座」の代表取締役、ヨコハマ映画祭の審査委員長を務めた。

経歴編集

出典・参考文献編集

  • 田中文雄『神を放った男 映画製作者田中友幸とその時代』キネマ旬報社、1993年。ISBN 4-87376-070-4