金寅

韓国の囲碁棋士

金 寅(キム イン、1943年11月23日 - )は、韓国日本囲碁棋士全羅南道康津郡出身、木谷実九段門下、九段。1960年代に趙南哲に替わって韓国囲碁界の第一人者となる。国手戦6連覇などタイトル獲得30期。日本では、日本語読みできん いんとも、愛称としてキントラさんとも呼ばれる。

 金寅 九段
名前 金寅
生年月日 (1943-11-23) 1943年11月23日(76歳)
出身地 大韓民国の旗 全羅南道康津郡
所属 韓国棋院
師匠 木谷実
段位 九段
概要
テンプレートを表示
キム・イン
各種表記
ハングル 김인
漢字 金寅
発音: キム・イン
テンプレートを表示

経歴編集

中学2年の時に韓国棋院で修行し、1958年に韓国棋院で入段、その後四段まで昇る。1961年には国手戦と最高位戦で、ともに趙南哲に挑戦するが敗れる。1962年に来日し、木谷実門下となり、日本棋院飛び付き三段を認められる。大手合その他の日本の棋戦に参加するが、1963年に兵役のために帰国。1964年五段。1965年に国手戦で再度趙南哲に挑戦し、3-1で勝ってタイトル獲得、以後6連覇。同年、覇王を奪取し、以後7連覇。1966年には第1期王位戦決勝で、趙南哲を破り、以後7連覇。1968年には40連勝を記録し、これは韓国歴代2位の記録。1983年、韓国で3人目の九段。

2006年には中日韓囲碁元老戦に出場、林海峰に勝利する。同年、国手戦50周年記念トーナメントに出場、芮廼偉に敗れる。

韓国棋院常務理事。

中山典之六段は、来日中の1963年春の大手合にて金に先番中押勝ちした碁を、一生の傑作として語り種としている。

タイトル歴編集

  • 国手戦 1965-70年
  • 覇王戦 1965、67-71、76年(66、72-75年は中止)
  • 王位戦 1966-72、74年
  • 最高位戦 1967、71-72年
  • 王座戦 1968年
  • 青少年杯戦 1968年
  • 最強戦 1968年
  • 名人戦 1969年
  • ペクナム戦 1974年
  • 棋王戦 1977年

注釈・出典編集

外部リンク編集