メインメニューを開く

金沢 百枝(かなざわ ももえ、1968年2月28日 - )は、日本美術史家東海大学文化社会学部ヨーロッパ・アメリカ学科教授。専門は西洋美術史、特にロマネスク美術。

目次

来歴・人物編集

東京都生まれ。4歳から10歳までインドで育ち、中学・高校時代はイギリスで過ごす。1991年東京大学理学部生物学科卒業、1997年同大学院理学系研究科博士課程を修了し「濡れによる光合成阻害とそのメカニズムに関する生理生態学的研究」で理学博士植物学を専攻していたが、美術史に転向し、2000-01年ロンドン大学付属コートールド美術研究所に留学。2005年東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学比較文学比較文化コース博士課程満期退学、2006年「ジローナの<天地創造の刺繍布>研究 ロマネスクの宇宙図と創造主礼讃」で学術博士。2009年より東海大学文学部ヨーロッパ文明学科准教授、2014年より同教授、2018年改組により文化社会学部教授。2011年『ロマネスクの宇宙』で島田謹二記念学藝賞受賞。2016年『ロマネスク美術革命』でサントリー学芸賞(芸術・文学部門)を受賞[1]

著書編集

  • 『ロマネスクの宇宙―ジローナの『天地創造の刺繍布』を読む』(東京大学出版会、2008年)
  • 『ロマネスク美術革命』(新潮選書、2015年) 

共著編集

  • 『イタリア古寺巡礼―ミラノ→ヴェネツィア』(小澤実共著、新潮社、2010年)
  • 『イタリア古寺巡礼―フィレンツェ→アッシジ』(小澤実共著、新潮社、2011年)
  • 『イタリア古寺巡礼 シチリア→ナポリ』(小澤実共著、新潮社、2012年)

翻訳編集

脚注編集

外部リンク編集