メインメニューを開く

座標: 北緯39度54分59秒 東経116度19分33秒 / 北緯39.91639度 東経116.32583度 / 39.91639; 116.32583

釣魚台国賓館
湖心亭建築
各種表記
繁体字 釣魚臺國賓館
簡体字 钓鱼台国宾馆
拼音 Diàoyútái Guóbīn'guăn
注音符号 ㄉ|ㄠˋ ㄩˊ ㄊㄞˊ
ㄍㄨㄛˊ ㄅ|ㄣ ㄍㄨㄢˇ
発音: ディアオユータイ グオビングァン
英文 Diaoyutai State Guesthouse
テンプレートを表示

釣魚台国賓館(ちょうぎょだいこくひんかん)は、中華人民共和国北京市海淀区甘家口にある宿泊施設である。2000年頃までは国内外の賓客のための迎賓館として使われていたが、現在は一般客も宿泊可能である。

名前の由来は、の皇帝、章宗が同地の池に釣り場を設けたことによる(中国語で尖閣諸島を指す「釣魚台列嶼」と直接の関係はない)。池と周辺は後に乾隆帝によって皇帝所有の庭園である皇家園林「玉淵潭」として整備され、同国賓館はその一角に建築された。

概要編集

 
18号楼

アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集