鈴木成文

鈴木 成文(すずき しげぶみ、1927年7月30日 - 2010年3月7日[1])は、日本の建築学者である。東京大学名誉教授、元神戸芸術工科大学[1]、専門は建築計画学

すずき しげぶみ
鈴木 成文
生誕 (1927-07-30) 1927年7月30日
東京府東京市(現・東京都
死没 (2010-03-07) 2010年3月7日(82歳没)
出身校 東京大学工学部建築学科
職業 建築学者

目次

人物・来歴編集

1927年(昭和2年)7月30日東京府東京市(現在の東京都)で鈴木信太郎を父に生まれる。弟に鈴木道彦がいる[1]

旧制・東京高等師範学校附属中学校(現在の筑波大学附属高等学校)を経て、東京大学工学部建築学科卒業。同大学大学院修了。吉武泰水のもとで、建築計画学を研究する。東京大学工学部教授を経て、神戸芸術工科大学長を務める。

第二次世界大戦後の復興期の公共施設計画S研究を行う中で、1951年(昭和26年)、公営住宅の標準型「51C」の設計に研究室の一員として参加[1]。「51C」はダイニングキッチン付公営住宅の原型となった[1]。2001年(平成12年)、日本建築学会賞大賞受賞。

著書に『51C白書』(2006年)『住居論』、『住まいの計画・住まいの文化』、『住まいを読む』などがある。

2010年(平成22年)3月7日、虚血性心不全により死去した[1]。満82歳没。2003年(平成15年)から始め、書籍化もされた公式ウェブサイトの『文文日記 日々是好日』は同年3月4日のエントリーが最後であった[2]

おもな著書編集

編集

  1. ^ a b c d e f 神戸芸術工科大の元学長・鈴木成文さん死去朝日新聞、2010年3月8日閲覧。
  2. ^ 文文日記 日々是好日、鈴木成文公式ウェブサイト、2010年3月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集