広原盛明

都市研究者

広原 盛明(ひろはら もりあき、1938年8月26日[1] - )は、日本都市研究者。専攻は都市政策、住宅都市計画[2]

満州国ハルビン市生まれ。京都大学工学部建築学科卒業、同大学院工学研究科建築学専攻博士課程退学ののち、同大学助手講師を務めた。京都府立大学に赴任、1971年助教授1985年教授1992年-1998年学長を歴任した。この間、1971年に結成された京都市電の存続を目指す市民団体「京都の市電をまもる会」の事務局長を務めている[3][4]

工学博士、京都府立大学名誉教授[2][5]

2000年より龍谷大学法学部教授[2]2004年2月8日執行の京都市長選挙に日本共産党推薦で立候補、17万票余を得たが落選した。

特定非営利活動法人西山夘三記念すまい・まちづくり文庫理事長、都市住宅学会学術委員長、コミュニティ政策学会副会長などを務めた[2]。  

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.427
  2. ^ a b c d 京都市職労委員長 池田 豊 インタビュー 龍谷大学教授 広原盛明さんに聞く
  3. ^ 広原盛明「京都に市電を残したかった」『鉄道ピクトリアル』1978年臨時増刊号(No.356)、電気車研究会
  4. ^ 京都の市電をまもる会 回顧と展望 - 広原盛明のつれづれ日記(2014年11月10日)
  5. ^ 『日本型コミュニティ政策―東京・横浜・武蔵野の経験』著者紹介 紀伊國屋書店

外部リンク編集