鈴木格禅(すずき かくぜん、1926年10月20日[1] - 1999年8月19日[2])は、日本仏教学者澤木興道に師事した。愛知県生まれ。

略歴 編集

第二次大戦中東京陸軍航空学校をへて陸軍航空隊に入隊。戦後、会社勤めをへて労働学校に学び、静岡県の禅寺の小僧となり澤木興道に出会う。1948年駒澤大学専門部仏教科に入り、1953年駒澤大学仏教学部卒、同大竹友寮の寮監となるが、1972年免職[3]。駒澤大学仏教学部教授、同大学禅研究所所長。1997年定年退職、名誉教授。永平寺 眼蔵会講師のほか、坐禅会講師として外国へも赴いた。

著書 編集

共著 編集

共編書 編集

論文 編集

参考文献 編集

上記 著書の紹介文より。

脚注 編集

  1. ^ 『現代物故者事典 1997~1999』(日外アソシエーツ、2000年)p.311
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ [「坐禅との出会い」鈴木格禅『駒澤大学佛教学部論集』1997-10]