メインメニューを開く

鏡島 元隆(かがみしま げんりゅう、1912年8月6日2001年2月19日)は、道元・曹洞禅研究家、駒澤大学名誉教授、元総長。

静岡県生まれ。1935年駒澤大学仏教学科卒、1961年「道元禅師と引用経録の研究」で駒澤大学文学博士。1942年駒澤大学予科講師、1949年佛教学部助教授、54年教授、総長を務め、1992年に退任、名誉教授[1]

著書編集

  • 『道元禅師とその門流』誠信書房 1961
  • 『道元禅師の引用経典・語録の研究』木耳社 1965
  • 『卍山・面山 日本の禅語録 18』講談社 1978
  • 正法眼蔵随聞記に学ぶ』曹洞宗宗務庁 1981
  • 『天童如浄禅師の研究』春秋社 1983
  • 『道元禅師とその周辺』大東出版社 1985
  • 『道元禅師語録』講談社学術文庫 1990
  • 『道元 正法眼蔵・永平広録』講談社「禅入門」1994 
  • 『道元禅師とその宗風』春秋社 1994
  • 『道元禅師』春秋社 1997
  • 『道元禅師全集 9-13 永平広録』春秋社 1999-2000 全4巻、原文対照現代語訳

編纂など編集

  • 宗賾編『禅苑清規 訳註』佐藤達玄,小坂機融共著 曹洞宗宗務庁 1972
  • 『道元禅師全集』第3-4巻 鈴木格禅ほか編 鏡島校註 春秋社 1988
  • 『十二巻本『正法眼蔵』の諸問題』鈴木格禅共編 大蔵出版 1991
  • 独庵玄光と江戸思潮』編 ぺりかん社 1995

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』

参考編集

  • 「道元禅師語録」著者紹介