メインメニューを開く

鈴木 芳子(すずき よしこ)は、ドイツ文学者、翻訳家。

1987年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了(ドイツ文学専攻)[1]。カール・アインシュタイン『ベビュカン』(未知谷)にて独日翻訳賞マックス・ダウテンダイ・フェーダー・東京ドイツ文化センター賞を受賞[2]

翻訳編集

  • イングリット・メラー『運河沿いのフェルメールの家』 (エディションq、1999年)
  • レオ・ペルッツ『レオナルドのユダ』 (エディションq、2001年)
  • マリー・ルイーゼ・カシュニッツ『ギュスターヴ・クールベ ある画家の生涯』(エディションq、2002年)
  • リヒャルト・ヒュルゼンベック『ダダ大全』 (未知谷、2002年)
  • カール・アインシュタイン『ベビュカン あるいは奇蹟のディレッタントたち』 (未知谷、2003年)
  • リオン・フォイヒトヴァンガー『宮廷画家ゴヤ 荒ぶる魂のさけび』(エディションq、2004年)
  • ミュノーナ『スフィンクス・ステーキ ミュノーナ短篇集』 (未知谷、2005年)
  • カール・アインシュタイン『黒人彫刻』 (未知谷、2005年)
  • カール・ローゼンクランツ『醜の美学』 (未知谷、2007年)
  • カール・アインシュタイン『二十世紀の芸術』 (未知谷、2009年)
  • ヴォルフガング・ボルヒェルト『たんぽぽ ヴォルフガング・ボルヒェルト掌編集』 (未知谷、2010年)
  • パウル・シェーアバルト『虫けらの群霊』 (未知谷、2011年)
  • アルトゥル・ショーペンハウアー『読書について』 (光文社古典新訳文庫、2013年)
  • ショーペンハウアー『幸福について』 (光文社古典新訳文庫、2018年)

脚注編集