鉄券(てっけん)とは、前近代の中国において君主が臣下に対して誓約を行う際に用いる鉄製の割符(契)。

鉄券は元は鉄契とも称され、劉邦が即位後に諸侯を封じた際に与えたのが最初とされている。以降、に至るまで歴代王朝で用いられた(契丹族女真族でも採用されていた形跡がある)。また、漢や明のように出自が低い皇帝の建国時やの後期から五代にかけての皇帝権力が弱体化された時期には臣下に対する鉄券が多く出されたのに対して、皇帝の専制権力が確立されていたでは一部の反乱者などに出されたことがあるものの数える程で、靖康の変のような存亡の危機の時にあっても鉄券を臣下に出すことはなかった。

鉄券は合符の形式で作成され、片方を君主が、片方が授与された臣下が保管した。表面に誓約内容が刻まれ、漢では誓約文言に丹が、以降の王朝では黄金が流されたことから、「丹書鉄券」「金書鉄券」とも称された。

漢の時代には諸侯を封じる際に用いられたが、時代が下るにつれて異民族との不可侵や敵の降将に対する生命・身分の保証などにも君主による約束の内容を保証する物的証拠として作成された。内容としてもっとも典型的なのは死刑を含めた刑法上の処罰の免除、諸侯に対しては封禄の保証、異民族に対しては不可侵などが約束されていた。もっとも、約束の内容が常に保証されている訳ではなく、君主の翻意や他の群臣たちの意見によって鉄券の文言が反故にされる場合も発生し得た(それによって社会的な批判を受ける場合もあった)。

関連項目編集

権威委譲
  • 黄馬褂中国語版 - 清朝の黄色く染められた伝統服馬褂中国語版で、黄色は古代中国で皇帝のみに許された色で、後に皇帝によって3~4つの政府要職にも着用が許可されるようになった。
  • 尚方宝剣中国語版 - 漢の時代から使用されるようになった、皇帝と同等の権利を行使できるようにする短剣。
  • 斧鉞 - 古代中国で斬首刑を執行していた王の持ち物として王権の象徴とされた。王位の譲渡以外に遠征する将兵へ部隊の規律を維持するために渡された。
  • 符節中国語版(節鉞、仮節鉞) -天子から権利を委任されている事を示す(もしくは天子代理であることを示す)役職である。符は兵士動員命令権限証明割符である兵符(虎符)を指している。

参考文献編集

  • 栗原益男「鉄券授受現象からみた君臣関係について」(『史学雑誌』第65編第6・7号(1956年)、後に栗原『唐宋変革期の国家と社会』(汲古書院、2014年)に採録)
  • 栗原益男「君臣間における鉄券誓約の内容について」(『史学雑誌』第71編第7号(1962年)、後に栗原『唐宋変革期の国家と社会』(汲古書院、2014年)に採録)