メインメニューを開く

鉄道写真家(てつどうしゃしんか、英語:Railway-photographer)とは、鉄道に関する撮影生業とする写真家である。

鉄道写真を撮影する者、鉄道車両、もしくは鉄道設備だけを専門に撮る者、乗客や沿線の風景生活など、鉄道に関連するあらゆる鉄道風景の写真家や、鉄道会社広告写真家などもいる。使用しているカメラも様々で、コンピュータグラフィックス(CG)で加工することを前提とする場合もある。

目次

定義編集

鉄道写真家編集

本来の鉄道写真家は "railway enthusiast" (「鉄道ファン」と略す。)のうち、スティルカメラ(日本では通称「カメラ」(フランス語:appareil photographique)をいう)を含み、映画テレビのカメラ(フランス語:came'ra)で専業で撮影する人(撮影技師)を指す語である。しかし、日本では鉄道ファンも含めて「鉄道写真家・鉄道カメラマン」と呼ばれることが多い。

なお、鉄道写真家として著名な面々も、実際には鉄道以外の分野における写真をも生業としている事が多く、プロフェッショナルとしては厳密に「鉄道だけ」という事は有っても稀と思われる。

鉄道ファンの写真家編集

アマチュア写真家」という言い方が残っているように、特に太平洋戦争までの日本では、写真を撮ることで生計を立てていない者のことも「写真家」と呼んでいた。現在アマチュアの鉄道ファンの写真家もすべて「鉄道写真家」と呼ぶことにすると、鉄道ファン全員が写真家となるおそれがある。

関連項目編集