メインメニューを開く

銀翹散(ぎんぎょうさん)は漢方方剤のひとつ。清朝時代の薬学書「温病条弁」にも記述があり、抗炎症作用、抗ウイルス作用などがあるためインフルエンザ治療などにも使われている[1]

成分編集

銀翹散の成分は以下の通り[2]

脚注・出典編集

  1. ^ 宮崎忠昭、インフルエンザウイルスの増殖抑制効果を有する漢方薬成分 日本薬理学雑誌 Vol.140 (2012) No.2 p.62-65, doi:10.1254/fpj.140.62
  2. ^ 銀翹散エキス顆粒Aクラシエ [9包]”. 2015年3月10日閲覧。

関連項目編集