メインメニューを開く

錆びたナイフ』(さびたナイフ)は、1958年制作の日本アクション映画日活製作。

錆びたナイフ
監督 舛田利雄
脚本 石原慎太郎
舛田利雄
原作 石原慎太郎
製作 水の江滝子
出演者 石原裕次郎
小林旭
北原三枝
音楽 佐藤勝
主題歌 石原裕次郎
「錆びたナイフ」
撮影 高村倉太郎
編集 辻井正則
製作会社 日活
配給 日本の旗 日活
公開 日本の旗 1958年3月11日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 2億4851万円[1]
テンプレートを表示

石原慎太郎原作の小説を石原裕次郎主演、舛田利雄監督で映画化。石原慎太郎は裕次郎の主演を念頭に置いて原作を書いた[2]

石原裕次郎が歌った主題歌「錆びたナイフ」(作詞:萩原四朗、作曲:上原賢六)も、184万枚を売り上げる大ヒットとなった。歌詞は石川啄木短歌を再構成したものである。

目次

あらすじ編集

舞台は西日本のある新興工業都市。検事の狩田はある殺人事件の容疑者として運輸会社の社長・勝又を召喚・尋問するが、勝又は証拠不十分で釈放され、事件は迷宮入りとなった。

数日後、5年前に死んだ市会議長の西田は自殺ではなく他殺だとの投書が狩田のもとに届く。投書の主は島原という男で、彼は目撃者として自分のほかに橘と寺田という2人の青年の名前を挙げていた。だが、島原はその後何者かに列車から突き落とされて死んでしまう。

一方、橘は自殺した恋人のために人を刺殺した前科があったが、出所後バーの支配人になっていた。同じ店では寺田がバーテンダーとして働いていた。

寺田は恋人の由利と一緒にいたところを勝又の手下に拉致され、金で口止めを強要される。

橘は西田の娘でアナウンサーの啓子が持ち込んだ街頭録音のテープを聞き、5年前の恋人の暴行事件は彼女がどこかの事務所に連れ込まれて集団で暴行されたものだと知る。

橘は寺田が勝又から金を受け取った事を知り、彼を責めるが、寺田は橘の恋人暴行事件の犯人は勝又とその子分たちだと言い放つ。やがて、橘と寺田は命を狙われ始める。だが、この事件の裏には、勝又の後ろでさらに糸を引く大物の存在があった。

キャスト編集

主題歌編集

  • 石原裕次郎「錆びたナイフ」

脚注編集

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)138頁
  2. ^ 錆びたナイフ キネマ写真館 日本映画写真データベース

外部リンク編集