鍋島清久

日本の戦国時代の武将

鍋島 清久(なべしま きよひさ)は、戦国時代武将龍造寺氏の家臣。鍋島直茂の祖父。鍋島氏4代当主。

 
鍋島清久
時代 戦国時代
生誕 延徳2年(1490年
死没 天文13年(1544年
主君 龍造寺家兼
氏族 鍋島氏
父母 父:鍋島経房
野田大隅守
清泰清房
テンプレートを表示

略歴編集

鍋島氏は元は肥前国の在地の小土豪。

延徳2年(1490年)、鍋島経房(初名:清直)の子として誕生。父・経房は龍造寺氏の主君・少弐氏の出身で母方の鍋島氏を継承していた。

享禄3年(1530年)、龍造寺家兼大内義隆と戦った際(田手畷の戦い)、家兼に協力して赤熊の面をかぶって大活躍したという。これにより清久はその実力を認められる事になり、鍋島氏は龍造寺氏の家臣となった。

天文13年(1544年)、死去。

先代:
鍋島経房
肥前鍋島氏4代当主
次代:
鍋島清房