メインメニューを開く

鍋島氏(なべしまし)は、近世の佐賀藩藩主氏族。血縁的には武藤氏の一族・少弐氏の男系である(系譜を参照)。

鍋島氏
家紋
鍋島花杏葉なべしまはなぎょうよう(定紋)
本姓 宇多源氏佐々木氏流(系譜上)
藤原北家少弐氏流(血縁上)
家祖 長岡経秀
種別 武家
華族侯爵
出身地 肥前国鍋島村
主な根拠地 肥前国鍋島村
東京都
著名な人物 鍋島直茂
鍋島直正
支流、分家 小城藩家(武家
蓮池藩家(武家)
鹿島藩家(武家)
餅ノ木家
凡例 / Category:日本の氏族

出自編集

出自については諸説あり、不明。宇多源氏佐々木一族長岡伊勢守経秀(つねひで)が、山城国から肥前国小城郡千葉氏を頼って、下向したことにはじまると伝えている[要出典]。経秀は肥前国鍋島村に居住し、在名をもって鍋島氏とした。

通字編集

主たる通字は「」(なお)。その他、初期の当主が「」(つね)、「」(きよ)、「」(ふさ)などを、鍋島直茂以降の佐賀藩主継承者が「」(しげ、鍋島重茂は例外的に「もち」)を用いている。

歴史編集

龍造寺氏の重臣編集

経秀の子経直は、肥前守護少弐教頼を支援し、娘の一人をその側室に配し、生まれた男子経房に鍋島氏を相続させた。その後、龍造寺氏に従って活躍する。とくに享禄3年(1530年)の田手畷の戦いでは、鍋島清久が龍造寺軍の危機を救う大活躍を示すと、その功績により清久の子の鍋島清房が、龍造寺氏の娘を娶り、血縁関係を結んだ。清房の次男直茂は、龍造寺隆信の副将として、龍造寺氏の発展・興隆に尽力する。

隆信の死後、龍造寺政家は、豊臣秀吉から肥前国7郡30万9902石を安堵されたが、朱印状は龍造寺高房宛となっている。鍋島直茂はうち3万石余(直茂・勝茂の合計高4万4500石)を与えられ[1] 、龍造寺氏領の支配を委任され実権を握った。

佐賀藩主へ編集

関ヶ原では西軍に与したが、同じ西軍の立花宗茂を攻略することで所領を安堵された。慶長12年(1607年)、政家の嫡男・高房 と政家が短期間で急死。徳川家康により鍋島氏が正式に佐賀藩(高直しで35万7千石)の藩主と認められ、龍造寺氏の大名としての地位を簒奪さんだつする形になった。政家の遺領は信清が継ぎ、佐賀藩では龍造寺本家として扱われた。

江戸時代編集

鍋島氏は35万7千石の国持大名でありながらその実情は、3支藩(蓮池、小城、鹿島)・鍋島4庶流家(白石、川久保、村田、久保田)と龍造寺4分家(多久、武雄、諫早、須古)の各自治領があったため、藩主の実質知行高は6万石程度であった[2]

特に3支藩はしばしば独立色を出したがり、勝手に幕閣に城主格への昇進を運動したりした(これは例えば、蓮池藩鍋島家は5万2000石、小城鍋島家は7万3000石でありながら無城大名のため、はるかに石高の低い田原藩(城主)1万石の三宅氏よりも江戸城での席次が下だった為である)。

さらに、常広陣屋(のち鹿島陣屋)と下総の飛び地で2万5千石を持つ鹿島藩鍋島家は、従六位下[3]という旗本並みの官位に止め置かれ、昇進を妨害する佐賀藩本家と対立した。本家の理不尽さを幕府に訴えていた正茂は肥前の領地を捨てて、本当に下総矢作5000石のみの旗本となった(鹿島藩2万石には本家から直朝が入る)。

幕末から明治編集

近世には長崎警備を担い、重い財政負担に悩むが、幕末に至って10代藩主鍋島直正が抜本的な藩政改革を断行し、西洋技術の積極的な移入を果たした。これにより雄藩の一角を占めるが、倒幕勢力に加わったのが遅かったため、政治的には薩長の後塵を拝するに留まった。11代鍋島直大のとき、侯爵となった。

系譜編集

太字は当主、実線は実子、点線は養子。

宗家編集

御三家編集

鹿島藩主家編集

小城藩主家編集

蓮池藩主家編集

親類編集

家老編集

脚注編集

  1. ^ 「龍造寺高房宛て豊臣秀吉朱印状写 (龍造寺藤八郎知行割之事)」(公益財団法人鍋島報效会)
  2. ^ それでも、幕府への普請役への出費などを理由に家臣の領地一部を返上させるなど、秀吉時代の直轄領3万石よりは増やしている。
  3. ^ 大名は普通は1万石でも従五位下。鹿島藩鍋島家は、正六位下に昇る浄瑠璃(名誉職だが直参扱い)の藤原貞勝や佐渡雅好より格下になる(『浄瑠璃太夫口宣案』、『烏丸家記五諸人上卿之留』 )

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集