メインメニューを開く

鍋島 経房(なべしま つねふさ、生没年未詳)は、室町時代武将少弐氏の出身で藤原鍋島氏の祖。少弐教頼の子で鍋島直茂の曾祖父に当たる。少弐政資千葉胤資(たねすけ)は実兄。

少弐教頼と、鍋島経直(つねなお)の娘との間に生まれる。のちに外祖父・経直より鍋島家の家督を譲られる。初めは鍋島清直(きよなお)、のちに経房と改名、いずれも経直より1字を受けて名乗ったものである。

子の清久の代から少弐氏の家臣である龍造寺氏に仕え、その孫・直茂以降は肥前佐賀藩を務める家系として続いた。