鎌原 幸重(かんばら ゆきしげ)は、戦国時代武将甲斐武田氏家臣

 
鎌原幸重
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄4年(1561年
別名 宮内少輔、美作守
主君 武田信玄
氏族 鎌原氏
父母 鎌原幸定
重澄
テンプレートを表示

生涯編集

上野吾妻郡鎌原郷国衆で、真田氏と同じく滋野氏の一族。幸重の父・幸定真田幸綱の弟とされ、幸重は幸綱の甥にあたる。

早くから父・幸定と共に武田信玄に臣従し、幸綱の吾妻郡進出にも協力した。

永禄4年(1561年)の第四次川中島の戦いで戦死したという。