メインメニューを開く

鎌原 重澄(かんばら しげずみ)は、戦国時代武将甲斐武田氏家臣

 
鎌原 重澄
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 天正3年5月21日1575年6月29日
官位 筑前[1]
主君 武田勝頼
氏族 鎌原氏
父母 父:鎌原幸重
宮内少輔重春

生涯編集

真田幸隆の弟・鎌原幸定の子・宮内少輔幸重の子[1]。真田家の家臣ではなく、甲斐武田家の家臣として仕え、天正3年(1575年)5月21日の長篠の戦いで戦死した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 柴辻俊六 『真田昌幸』 吉川弘文館〈人物叢書〉、1996年、11頁。ISBN 464205202X