メインメニューを開く

鎧通し(よろいとおし、よろいどおし)は、日本刀の一種。その名の通り、組み打ちで敵をの隙間から刺すことに特化した短刀である。

Yoroi doshi tanto Gassan school.jpg

目次

定義編集

の幅が狭く、手元部分の重ね(刃の厚み)が極端に厚く、先が薄い。極めて頑丈な造り込みの、寸の詰まった短刀である。刃長は七前後であるが、まれに五以下のものもある。刀身の全長に対し、中子が長いことも特徴である。はつけない[1]

多くは九寸五分であり[2][3]、『富樫記』『大友興廃記』に記述がみられる。

実用と役割編集

格闘に際し、相手に組みついて鎧の間隙から刺突する用途により、この呼称がついた。左腰に太刀あるいは大小を差している場合には帯間の煩わしさを避ける目的からも、多くは馬手差(めてざし)または右手差(めてざし)と称される拵に収められている[4]。これは右腰に逆差しに佩用して瞬時の使用に利のあるよう、配慮がなされていたという。

技法は甲冑術柳生心眼流など)に併伝されている。

発展編集

鎌倉時代末(14世紀)から打物合戦が増加し、組み打ちなど接近戦が盛んになると、鎧上からの刺突を考慮し、刃渡り短く、無反りで、重ね厚に鍛える風が流行し、鎧通しと称するようになった[5]

鎧通しは刺刀(さすが)から発展した刀である。刺刀から反りが無くまたは少なく、重ねが厚い(刀身の断面形状が厚い)「鎧通し」と呼ばれる短刀の形式に発展した(室町時代には用いられた[6])。刺刀の反りが増したものは脇差や反りが増し、長くなったものは打刀と発展していく。

備考編集

脚注編集

  1. ^ 『世界大百科事典 31 ユシ - リョ』 平凡社 1973年版(初版1972年) p.210.
  2. ^ 『世界大百科事典 31 ユシ - リョ』 p.210.
  3. ^ 『広辞苑 第六版』岩波書店にも同様に九寸五分と記される。
  4. ^ 高館草子』『信太草子』などに「馬手(右)の脇にさいたり」と記され、細川澄元の軍人影にも描かれ、「馬手ざし」とも呼ばれた。参考・『世界大百科事典 31 ユシ - リョ』 p.210.
  5. ^ 『世界大百科事典 31 ユシ - リョ』 平凡社 p.210.
  6. ^ 『広辞苑 第六版』岩波書店を一部参考。

関連項目編集

リンク編集