メインメニューを開く

長屋 元安(ながや もとやす)は、戦国時代武将毛利氏家臣。

 
長屋 元安
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 不詳
改名 米千代丸(幼名)→長屋元安
別名 左馬助(通称)
主君 毛利元就
氏族 大江姓毛利氏庶流長屋氏
父母 父:長屋吉忠
実子:なし
養子:就安(従兄弟・長屋元忠の次男)
テンプレートを表示

生涯編集

毛利氏家臣の長屋吉忠の子として生まれる。

まだ幼名の米千代丸を名乗っていた天文5年(1536年)、安芸国高田郡長屋のうち正光名1町8段、山県郡北方のうち行近名2町5段、賀茂郡高屋のうち今居尻名1町を父・吉忠から譲られたが、その後、元安は実子の無いまま早世したため、伯父・吉親の子である長屋元忠の次男・就安が、元安の養子として家督を相続した。

参考文献編集