メインメニューを開く
長町武家屋敷跡
こも掛け
旧加賀藩士高田家跡入口

長町武家屋敷跡(ながまちぶけやしきあと)は、石川県金沢市長町にある観光地である。

加賀藩時代の上流・中流階級藩士侍屋敷が軒を連ねている。土塀と石畳の路地が続いており、藩政時代の情緒ある雰囲気を味わうことができる。

冬には雪や凍結から土塀を守るためこも掛けがおこなわれる[1][2]

概要編集

金沢市の繁華街である香林坊の西側に位置している。前田家の重臣である長氏の屋敷があったことが長町の由来である。

主な施設編集

所在地編集

石川県金沢市長町1-9-3

交通アクセス編集

周辺情報編集

脚注編集

外部リンク編集