メインメニューを開く

長縄 光男(ながなわ みつお、1941年12月 - )は、ロシア文学者横浜国立大学名誉教授[1]。ロシア思想史、日露関係史、日本における正教史を主な研究対象としている。モスクワ大学客員教授、ドストエフスキー記念オムスク大学日本文化講座派遣教授等を歴任。

人物編集

1965年一橋大学社会学部卒業。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了[2]金子幸彦門下[3]。ゲルツェン『過去と思索』(全3巻、共訳)で、日本翻訳出版文化賞、木村彰一賞受賞。2006年に横浜国立大学人間学部教授を定年退官。その後上智大学ロシア語学科や法政大学で非常勤講師としてロシア史の教鞭をとる。2007年モスクワ大学客員教授。2010年度ドストエフスキー記念オムスク大学日本文化講座派遣教授[4]

著書『ニコライ堂遺聞』では、日本正教会史について亜使徒ニコライが働いた明治時代のみならず、あまり触れられる事がこれまで無かったセルギイ・チホミーロフ府主教時代についても執筆範囲とし、研究領域を拡大した。

著書編集

単著編集

単独訳編集

編著編集

  • 中村喜和、長縄光男、ピョートル・ポダルコ『異郷に生きる4 来日ロシア人の足跡』成文社、2008年4月 ISBN 9784915730696
  • 中村喜和、長縄光男、長与進『異郷に生きる2 来日ロシア人の足跡』成文社、2003年4月 ISBN 9784915730382
  • 長縄光男、沢田和彦『異郷に生きる 来日ロシア人の足跡』成文社、2001年4月 ISBN 9784915730290

共訳編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集