長谷川 正治(はせがわ まさはる、1913年大正2年)1月27日[1][2] - 1993年平成5年)2月23日[2])は、日本の政治家室蘭市(2期)。書家。号は遅牛

経歴

編集

北海道出身。小樽高等商業学校(現・小樽商科大学)卒[1][2]。卒業後は室蘭の栗林商会に入る[3]。その後、日鉄港運に転職する[1]

戦後は貿易会社や水産加工会社を創立し、社長に就任する。室蘭水産加工協同組合組合長、北海道水産加工協同組合監事などを務める[1]1971年の市長選挙に革新系無所属で立候補し[2]、現職の高薄豊次郎を90票差で破った[4]。市長に当選後は市民との対話集会の開催や、室蘭市が基幹産業の造船不況に陥った中、小中学校の校舎の不燃化や、白鳥大橋の調査着手などを始めた。

1975年に再選[1]。市長を1979年まで2期務め、室蘭市土地開発公社理事[1]、全国革新懇話会世話人も務めた[2]

また書家として社会派をテーマにした作品を書き続けた。北海道書道展審査会員、創玄書道会名誉会員[2]。1993年死去。

脚注

編集
  1. ^ a b c d e f 『日本の歴代市長』第1巻、70頁。
  2. ^ a b c d e f 『現代物故者事典 1991~1993』、469頁。
  3. ^ 『歌集 うつせみ』238頁
  4. ^ 『新室蘭市史』第2巻、175頁。

参考文献

編集
  • 長谷川正治『歌集 うつせみ』噴火湾社、1979年。
  • 『新室蘭市史』第2巻、室蘭市史編さん委員会編、1981年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 『現代物故者事典 1991~1993』日外アソシエーツ、1994年。