メインメニューを開く

長谷川菜穂子

日本の小説家、アニメ脚本家

長谷川 菜穂子(はせがわ なほこ、1959年[1] - )は小説家、アニメ脚本家国立音楽大学[1]東京都出身[1]

目次

人物編集

ファンタジー、ラブコメディーを多く手がける。女性の立場ならではの「女性の心理描写」特に恋愛に初心な少女の心理描写と(男性キャラクターによる妄想的な)官能美が巧みとされる。また活劇、戦闘シーンも多く書くが獰猛さ果敢さによるバイタリティは余り見せず、刹那的な感情や不条理を用いながらロマンティックかつドラマティックに書くことが多い。コメディーにしてもブラックジョークは好まず下品なものも真にいやらしくは書かず、あくまで「お調子者」「不器用」「ギャップ」「ドジ」「恥ずかしさ」といった瑞々しいファクターを用いたギャグが多く見られ、全体として「優しい世界観」によるノベライズでドラマをなすことが多い。

1992年にはアニメ『天地無用!魎皇鬼OVA第一期シリーズの脚本を手がけた。そして富士見ファンタジア文庫より、同作のノベライズ作品とそれに続く続編シリーズ(全12巻+『天地無用! 真夏のイヴ』)を執筆。これが小説家としてのデビュー作となる。

脚本作品リスト(TV作品またはOVA作品・映画作品)編集

小説作品リスト編集

天地無用! 魎皇鬼シリーズ

富士見ファンタジア文庫より刊行。イラストは第一巻と、真夏のイヴの表紙、口絵を除き大和田直之

  • 天地無用! 魎皇鬼 千客万来編・愛のヘキサグラム
  • 天地無用! 魎皇鬼 諸行無常編(上、下)
  • 天地無用! 魎皇鬼 天地様、ご乱心!?(上、下)
  • 天地無用! 魎皇鬼 混沌の覇者
  • 天地無用! 魎皇鬼 サルでもできる世界征服
  • 天地無用! 魎皇鬼 よいこのせいかつ編(短編集)
  • 天地無用! 魎皇鬼 ハワイの休日
  • 天地無用! 魎皇鬼 家内安全編(短編集)
  • 天地無用! 魎皇鬼 無病息災編(短編集)
  • 天地無用! 魎皇鬼 夢のかたち
  • 天地無用! 真夏のイヴ(映画のノベライズ版。発刊はハワイの休日と家内安全編の間。作中の時系列的には本作のエンディングが最後になる)
その他

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 会員名簿 長谷川菜穂子”. 一般社団法人日本推理作家協会. 2019年4月18日閲覧。