長野市ボブスレー・リュージュパーク

長野市ボブスレー・リュージュパーク(ながのしボブスレー・リュージュパーク)は、長野県長野市中曽根にある世界最南端に位置するボブスレーリュージュスケルトンの兼用競技施設である。1998年長野オリンピックのボブスレー・リュージュ会場として使用された。愛称はスパイラル

長野市ボブスレー・リュージュパーク
スパイラル
Nagano Bobsleigh-Luge Park.jpg
施設情報
所在地 長野県長野市中曽根3700
位置 北緯36度42分39秒 東経138度09分27秒 / 北緯36.71083度 東経138.15750度 / 36.71083; 138.15750座標: 北緯36度42分39秒 東経138度09分27秒 / 北緯36.71083度 東経138.15750度 / 36.71083; 138.15750
所有者 長野市
建設費 101億円
使用チーム、大会
1998年長野オリンピック
収容能力
10,000人

概要編集

長野市の直営施設で、全長は1,700m。コースは人工凍結方式でアンモニア間接冷却方式が採用されている。長野オリンピックの基本理念である「自然との共存」を踏まえ、地形改変を極力抑えたためにコースの途中に5%、15%の2か所の上り坂がある。

用地費6億円・工事費95億円の合計101億円かけて建設された[1][2]。長野オリンピック後は、人工凍結方式であるために施設の維持運用に多額の費用が必要であり、維持管理費2億2千万円に対し国からのナショナルトレーニングセンター(NTC)強化事業委託費約1億円や利用料収入700万円程度で赤字運営に陥り、またNTC指定に伴いイベント開催やレジャー施設への転用といった一般利用が制限された事から経営難が慢性化し[2]、競技人口が少ないために利用料収入で費用を賄えない状況であったが、廃止した場合は国に対して補助金を返還しなければならず、また2000年札幌市手稲山ボブスレーコースが廃止されて以降、公式競技が行える日本で唯一(かつアジアで唯一)のコースであったため、簡単には廃止できない状況にあった。

2016年10月、2018年度以降の10年間で運営を継続する場合の試算は最大で約31億2000万円の負担となることが分かった。競技団体関係者からは存続を求める声が強かったが、2018年冬季オリンピックが行われる平昌に同様の施設ができたこともあり、2017年4月10日、翌年以降の製氷を休止することが発表され、競技施設としては使用されないこととなった[3]。その後施設の経営は2017年末時点で収入が500万円・運営費が1900万円程度となり、国内での競技施設を失った日本のソリ競技選手はカナダやドイツでのトレーニングを余儀なくされている[2]

冬季使用休止後は日本ノルディックフィットネス協会の助言を受けて2019年5月11日より「長野市スパイラルノルディックウォーキングコース」として夏季のノルディックウォーキング施設に転用し開業。滑走コースと管理用道路を用いた舗装路3kmの初心者用コースと森林内の急勾配の未舗装路を加えた5kmの上級者用コースが整備された[4]

2019年7月には札幌市の2030年冬季オリンピック招致計画に際し競技会場としての再活用を行う案を長野市が了承[5]、2020年3月31日に覚書を締結した[6]

開催された主な競技大会編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集