メインメニューを開く

長野市ボブスレー・リュージュパーク

長野市ボブスレー・リュージュパーク(ながのし-)は、長野県長野市中曽根にある世界最南端に位置するボブスレーリュージュスケルトンの兼用競技施設である。1998年長野オリンピックのボブスレー・リュージュ会場として使用された。愛称はスパイラル

長野市ボブスレー・リュージュパーク
"スパイラル"
Nagano Bobsleigh-Luge Park.jpg
施設情報
所在地 長野県長野市中曽根3700
位置 北緯36度42分39秒 東経138度09分27秒 / 北緯36.71083度 東経138.15750度 / 36.71083; 138.15750座標: 北緯36度42分39秒 東経138度09分27秒 / 北緯36.71083度 東経138.15750度 / 36.71083; 138.15750
所有者 長野市
建設費 101億円
使用チーム、大会
1998年長野オリンピック
収容能力
10,000人

概要編集

長野市の直営施設で、全長は1,700m。コースは人工凍結方式でアンモニア間接冷却方式が採用されている。長野オリンピックの基本理念である「自然との共存」を踏まえ、地形改変を極力抑えたためにコースの途中に5%、15%の2か所の上り坂がある。

101億円かけて建設された[1]。長野オリンピック後は、人工凍結方式であるために施設の維持運用に多額の費用が必要であり、競技人口が少ないために利用料収入で費用を賄えない状況であったが、廃止した場合は国に対して補助金を返還しなければならず、また2000年札幌市手稲山ボブスレーコースが廃止されて以降、公式競技が行える日本で唯一(かつアジアで唯一)のコースであったため、簡単には廃止できない状況にあった。

しかし2016年10月、2018年度以降の10年間で運営を継続する場合の試算は最大で約31億2000万円の負担となることが分かった。競技団体関係者からは存続を求める声が強かったが、2018年冬季オリンピックが行われる平昌に同様の施設ができたこともあり、2017年4月10日、翌年以降の製氷を休止することが発表され、競技施設としては使用されないこととなった。今後は理事会・連盟加盟の競技団体に状況説明の上で対応を決定する予定[2]

開催された主な競技大会編集

脚注編集

外部リンク編集