メインメニューを開く

ウィンタースポーツ

Skilaeufer Alpin.jpg

ウィンタースポーツあるいは冬季競技(とうききょうぎ)とは、スポーツのなかでも特に季に行われるものの総称。

スキーバイアスロンクロスカントリースノーボードスノーホッケーなどのように上で行われるもの、スケートボブスレーリュージュカーリングなどのように上で行われるものがある。

いわゆる競技として行われるものだけではなく、スキースケートのようにレジャーとして楽しまれるものに対してもウィンタースポーツの呼称は用いられる。

日本では北海道東北北信越で盛んになっており、特に冬季オリンピックが開催された北海道及び長野県はウィンタースポーツのメッカとされている。

目次

ウィンタースポーツの一覧編集

雪上競技編集

アルペンスキー編集

 
アルペンスキー

アルペン(: Alpen)はドイツ語でアルプス山脈を意味し、アルペンスキーとはその山岳地帯で発展したスキー競技のことをいう。山の急斜面を滑り降りる。[1]

クロスカントリースキー編集

の積もった森林丘陵に設けられたコースをスキーで走る[1]。雪上での移動手段から自然発生的にスポーツとなったものであり、全スキー競技の原点ともいえる。

スキージャンプ編集

 
スキージャンプ

北ヨーロッパの丘陵地帯で発展したスキー競技で、クロスカントリースキーとともにノルディックスキーと呼ばれる。大会では、飛距離と飛型を点数に換算し、その合計を競う。[1]

ノルディック複合編集

クロスカントリーとジャンプを組み合わせた競技で、ノルディック複合(: Nordic combined、ノルディック・コンバインド)もしくはノルディックスキーにおいては単に複合(コンバインド)と呼ばれる[1]

バイアスロン編集

クロスカントリーとライフル射撃を組み合わせた競技で、スキーの走力とともに射撃の技術が求められる[1]

フリースタイルスキー編集

ジャンプや空中演技を交えながら特設のゲレンデやジャンプ台を滑り降りる競技で、技やスピードを競う。モーグルエアリアルなどいくつかの種目がある。[1]

スノーボード編集

 
スノーボード

両足を固定できるようにした1枚の板に横向きで乗り、雪の斜面を滑る競技。1960年代のアメリカで始まったと言われる。タイムを競う種目と技を競う種目がある。[1]

氷上競技編集

スピードスケート編集

 
スピードスケート

1周400mのトラックをスケートで滑り、スピードを競う。内側と外側の2つのコースに分かれたダブルトラックレースと、走路が仕切られていないシングルトラックレースがある。[1]

ショートトラック編集

1周111.12mのトラックを複数の選手が同時に滑り、順位を競う。いつでも追い越しができるため、目まぐるしく順位が変わったり、コースの奪い合いで選手どうしが接触したりする。[1]

フィギュアスケート編集

 
フィギュアスケート

音楽に合わせて氷上をスケートで滑り、その技術や美しさを競う。1人で行うシングル、男女2人で行うペアアイスダンスなどがある。[1]

アイスホッケー編集

スケートを履いて防具を身につけた6人ずつの2チームが、スティックを使ってパックをゴールの中に入れ合い得点を競う。最高50 km/h以上で選手は走り回り、パックの速度は150 km/h以上と言われ、選手どうしの体当たりなどもあり「氷上の格闘技」と呼ばれる。[1]

カーリング編集

 
カーリング

ハンドルのついた平らな円形のストーンを氷上で滑らせて約40m先の円に入れ、得点を競う。1人の選手がストーンを放つと、その通路を2人の選手がブルームで掃き、ストーンの速度や方向を調節する。「氷上のチェス」とも呼ばれる。[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l こどもくらぶ (2017), ウィンタースポーツ, スポーツ日本地図, 4, ベースボール・マガジン社, p. 4-14,16-21,24-27, ISBN 9784583110349