この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

間部 詮允(まなべ あきさね / あきざね)は、越前鯖江藩の第6代藩主。間部家7代。第5代藩主・間部詮熙の長男。母は家臣・近藤氏の娘。正室は亀井矩賢の娘・載子(英松院)。

 
間部詮允
時代 江戸時代後期
生誕 寛政2年1月6日1790年2月19日
死没 文化11年7月17日1814年8月31日
別名 直之助(幼名)
官位 従五位下・主膳正
鯖江藩
氏族 間部氏
父母 父:間部詮熙、母:近藤氏の娘
兄弟 詮允、峯(水野忠篤継室)、詮苞、敬(中西主水養女)、慶(米倉昌寿正室)、千重、弥、文、詮勝
正室:載子亀井矩賢の娘)
養子:詮勝
惇(永井直寛正室)
テンプレートを表示

鯖江に生まれる。幼名は直之助。寛政12年(1800年)、世子となる。文化2年(1805年)12月、従五位下・主膳正に叙任する。文化8年(1811年)12月に父が死去したため、翌年3月16日に跡を継いだ。

外桜田門番役などを務めた。また、藩校進徳館を創設して文学を奨励し、藩士の家禄制度を改正するなどして藩政の再建に尽力したが、文化11年(1814年)7月17日の参勤交代途上に急死した(死去の月日は5月27日とする史料もある)。享年25。家督は弟の詮勝が養嗣子となって継いだ。法号は馨香院。墓所は鯖江市深江町の万慶寺。

参考文献編集

  • 間部家文書刊行会編『間部家文書』第三巻 鯖江市、1984年。