メインメニューを開く

関口 義明(せきぐち よしあき、1940年1月23日 - 2012年8月16日)は、日本の作詞家。代表作は「あゝ上野駅」。

埼玉県羽生市出身。高校時代から川柳を作り始め、新聞社主催の「読者の集い」でたまたま職業作詞家と出会ったことから作詞の道に進む。高校卒業後は埼玉県の地方銀行に勤務。23歳のときに「あゝ上野駅」が雑誌『家の光』の懸賞で当選し、大ヒット曲となる。40歳過ぎまで銀行員との兼業作詞家を続けていた。日本作詩家協会理事を歴任。2012年8月16日に肺炎のため死去(享年72)[1]

脚注編集