メインメニューを開く

関山慧玄(かんざんえげん、建治3年(1277年) - 正平15年/延文5年12月12日1361年1月19日))は、鎌倉時代末期から南北朝時代臨済宗

関山慧玄
1277年 - 1361年
諡号 無相大師
生地 信濃国高井郡
宗派 臨済宗
寺院 建長寺大徳寺妙心寺
南浦紹明宗峰妙超
弟子 授翁宗弼
著作無相大師遺誡

信濃国高井郡の国人領主高梨氏高梨高家の子とされる。朝廷から本有円成、仏心、覚照、大定聖応、光徳勝妙、自性天真、放無量光の国師号が与えられ、また、明治天皇から無相大師追諡された。 

略歴編集

はじめは叔父の月谷宗忠につき、1307年には、その師である南浦紹明鎌倉建長寺に入る。慧眼の法名を授かり、南浦寂後も鎌倉にあって物外可什巨山志源などに参禅。その後帰郷。

建長寺開山・蘭渓道隆五十年忌出席のため再び建長寺に参じ、ここで宗峰妙超(大燈国師)を紹介され、京都大徳寺に遷って宗峰に師事。やがて1329年雲門の関字の公案で開悟し、宗峰がこれを証明して関山の号が与えられ、慧玄と改名した。

その後、後醍醐天皇に法を説くなどしたが、のち美濃の伊深に草庵を結んで隠棲した。

1337年花園上皇は、旧室町院領仁和寺花園にあった離宮を禅苑に改めて、その寺名の命名と開山となる禅僧の推薦を宗峰に依頼。宗峰が関山を推挙し、1342年に関山は妙心寺開山となった。

禅風は厳格で、その生活は質素をきわめ、枯淡な禅風で修禅に専念したという。『沙石集』には「本朝ならびなき禅哲なり」と称賛されている。形式に拘らず厳しく弟子を指導し、法嗣授翁宗弼(じゅおう そうひつ)ただ一人であり、また妙心寺の伽藍整備や経営に拘泥することはなかった。

1360年12月12日、関山は旅の支度をして授翁に行脚に出るといい、「風水泉」と称する井戸の辺で授翁に遺戒し、立ったまま息をひきとった。遺体は本山の東北の隅に葬られ、その場所が後の開山堂微笑庵となっている[1]。遺戒は授翁が門下の雲山宗峨に成文させ、今日「無相大師遺誡」と称し読誦されている。

関山には他の高僧のような語録や著書はなく、生前に描かれた肖像もなく、遺筆も弟子の授翁宗弼に書き与えた印可状以外にほとんど残されていない。さらに遺命して肖像を残させなかったため、今日の関山像は後世に作成された物である。

南浦紹明(大応国師)から宗峰妙超(大灯国師)を経て関山慧玄へ続く法系を「応灯関」といい、現在、日本臨済宗はみなこの法系に属する。関山の禅は、後に系統に白隠慧鶴が出て大いに繁栄し、他の臨済宗諸派が絶法したのに対し、その法灯を今日に伝えている。

2006年に臨済宗妙心寺派の寺の蔵より肖像画が発見された。年代鑑定を行っていない模様で生前に描かれたものか否かは不明である。妙心寺が全国で行っている年忌法要の席で見ることができる。

逸話編集

  • ある時、来参した僧を関山は斥けた。僧が「無常迅速、生死の大事を質問しに参ったのです」と訴えたところ、「慧玄のもとに生死はない」と言い、棒打ちにして追い返した[1]
  • 後代、より渡来した隠元隆琦が妙心寺を訪ねた際、関山が使っていた公案「柏樹子の話に賊機あり[2]」の一句を聞いて身震いしたという[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 小林圓照『遺偈 遺誡:迷いを超えた名僧 最期のことば』 大法輪閣 1998年、ISBN 4-8046-1146-0 pp.68-72.
  2. ^ 「柏樹子の話」とは趙州和尚が「達磨がインドから来た意図は何か」と問われた時、「そこにある柏の樹だよ」と答えたという公案。