メインメニューを開く

関 盛信(せき もりのぶ、生年不詳 - 文禄2年6月28日1593年7月26日))は、戦国から安土桃山時代にかけての武将関一政関盛吉関盛忠関一利関氏俊の父。妻は蒲生定秀の娘。官は中務大輔。安芸守。諱は盛宣とも。

 
関盛信
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 文禄2年6月28日1593年7月26日
別名 盛宣、万鉄(号)
墓所 三重県亀山市関町木崎の瑞光寺
官位 中務大輔、安芸守
主君 六角義賢義治織田信孝豊臣秀吉
氏族 関氏
蒲生定秀の娘
一政盛吉盛忠一利氏俊

人物編集

伊勢国の有力な国人領主で伊勢亀山城を本拠地としていた。盛信は日野城主・蒲生定秀の娘を娶り、六角氏に属していた。

織田信長が伊勢に侵攻してくると、神戸氏等一族が次々と降る中で唯一独立を保っていたが、抗しきれず信長に降伏した。神戸信孝に属したが不和であったため信長の怒りを買い、元亀4年(1573年)春に信長から勘当を申し伝えられ、神戸具盛と同様に蒲生賢秀に身柄を預けられ、近江国日野城に幽閉された。

だが行動が束縛されていた訳ではなく、天正2年(1574年)8月、越前から逃亡して甲賀郡に入ろうとした樋口直房を討ち取り、その功を信長から褒められている(関文書)。しかしこの功績だけでは許されず、天正10年(1582年)に信孝が四国征伐の総大将として大坂へ出征すると、盛信もようやく許されて亀山城に戻った。

信長死後は信孝を離れ、羽柴秀吉の家臣となる。天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いの際は居城、亀山城を滝川一益に落とされたが後に奪還し、亀山城主として蒲生氏郷の与力大名となった。天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いなどにも参戦した。晩年は万鉄と号し、家督を関一政に譲っていた。文禄2年(1593年)に奥州白河で死去。

子孫編集

次男盛吉の子氏盛の娘は大河内重綱の正室となって大河内信久を産み、この系統が血を受け継いでいる(盛吉 - 氏盛 - 娘 - 信久 - 信相 - 久豊 - 豊貫 - 久雄 - 久徴 - 久信 - 久道 - 久成 -)。

参考文献編集

  • 三ツ村健吉 註訳『勢州軍記 上』三重県郷土資料刊行会、1984年
  • 三ツ村健吉 註訳『勢州軍記 下』三重県郷土資料刊行会、1987年