メインメニューを開く

関 氏盛(せき うじもり、生年不明 - 延宝2年4月12日1674年5月17日))は、江戸時代前期の旗本寄合伯耆国黒坂藩の嫡子だった人物。

 
関 氏盛
時代 江戸時代前期
生誕 不明
死没 延宝2年4月12日1674年5月17日
別名 通称:兵助
号:自閑
官位 従五位下下安芸守兵部少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川将軍家
伯耆国黒坂藩旗本寄合蒲生郡5,000石)
父母 父:関盛吉関盛信の3男)
養父:関一政関盛信の長男)
母:森本氏
本多正純の養女
長盛、娘(大河内重綱室)、娘(横田由松[1]室)

関盛吉関盛信3男)の長男。母は森本氏。正室は本多正純の養女。子に関長盛、娘(大河内重綱室)、娘(横田由松[2]室)がいる。

伯父で黒坂藩主の関一政の養子となった。通称は兵助。号は自閑。官位従五位下安芸守兵部少輔

概要編集

養父の一政は、家中騒動のため元和4年(1618年)に改易されたが、嫡子だった氏盛には近江国蒲生郡で5,000石が与えられ、寄合に列する。

寛永17年(1640年)に久能山東照宮の造営奉行を務め、その後正保2年(1645年)に輪王寺三仏堂・新宮拝殿の造営、万治元年(1658年)に天樹院の館の普請、安宅丸の修補奉行などに携わる。

寛文8年(1668年)に致仕して家督を子の長盛に譲る。延宝2年(1674年)、死去。法名は紹由、墓所は東京都台東区下谷の広徳寺。

子孫編集

氏盛の娘は大河内重綱の正室となって大河内信久を産み、この系統は現在に至るまで血を受け継いでいる(盛吉 - 氏盛 - 娘 - 信久 - 信相 - 久豊 - 豊貫 - 久雄 - 久徴 - 久信 - 久道 - 久成 -)。

脚注編集

  1. ^ 横田高松の子孫
  2. ^ 横田高松の子孫