関 直彦(せき なおひこ、1857年9月4日安政4年7月16日) - 1934年昭和9年)4月21日)は、日本のジャーナリスト政治家弁護士東京日日新聞社長、衆議院議員貴族院議員

関直彦

経歴編集

江戸紀州藩士関平兵衛の次男として生まれる。1883年東京大学法学部法律科を卒業後、東京日日新聞入社。東京専門学校英吉利法律学校の各講師、東京日日新聞記者、日報社社長などを務め、後に弁護士となり東京弁護士会長も務めた。さらに、東京日日新聞・大阪日日新聞帝国石油の各社長などを歴任。

政界にも進出し、麹町区会議員、東京市会議員、同参事会員、東京府会議員を歴任。1890年7月、第1回衆議院議員総選挙に和歌山県第3区から出馬し当選。その後、第2回総選挙第6回総選挙は和歌山の選挙区で当選し、第9回から第15回総選挙は東京府の選挙区で当選し、衆議院議員を通算10期務めた。この間、第13代衆議院副議長、立憲国民党幹事長、同総務を歴任。

1927年4月18日、貴族院勅選議員に任じられ[1]同和会に属し死去するまで在任した。多磨霊園に胸像が建っているが、墓所は高円寺にある。なお、胸像の説明板などは剥がされており、おそらく戦時中の金属供出で取られたものと思われる。

栄典編集

著書編集

単著編集

  • 『立憲王道論・立憲宰相論・立憲政治の人民』日報社、1888年12月。NDLJP:783778
  • 『衆議院議員撰挙法』三省堂、1889年2月。NDLJP:789343
  • 『議院法』三省堂、1889年2月。NDLJP:2385865 NDLJP:2387846
  • 『大日本帝国憲法』三省堂、1889年2月。NDLJP:1081713 NDLJP:2385894 NDLJP:2387817
    • 『大日本帝国憲法 明治22年』信山社出版〈日本立法資料全集 別巻 383〉、2006年1月、復刻版。ISBN 9784797249491
  • 『七十七年の回顧』三省堂、1933年10月。NDLJP:1058065
    • 『七十七年の回顧』三省堂、1933年10月、修正再版。NDLJP:1211074
    • 『七十七年の回顧 伝記・関直彦』大空社〈伝記叢書 121〉、1993年6月。ISBN 9784872364200

翻訳編集

  • 『オースチン氏法理学』関直彦、1884年3月。
    • 『オースチン氏法理学 1』錦森閣、1888年3月。NDLJP:786152
    • 『オースチン氏法理学 2』錦森閣、1888年3月。NDLJP:786153
    • 『オースチン氏法理学 上巻』信山社出版〈日本立法資料全集 別巻 381〉、2006年1月、復刻版。ISBN 9784797249460
    • 『オースチン氏法理学 下巻』信山社出版〈日本立法資料全集 別巻 382〉、2006年1月、復刻版。ISBN 9784797249477
  • ビーコンスフヰールド『春鴬囀 政党余談絵入 第1篇』関直彦、1884年3月。NDLJP:896939
  • ビーコンスフヰールド『春鴬囀 政党余談絵入 第2篇』関直彦、1884年4月。NDLJP:896940
  • ビーコンスフヰールド『春鴬囀 政党余談絵入 第3篇』関直彦、1884年6月。NDLJP:896941 。
  • ビーコンスフヰールド『春鴬囀 政党余談絵入 第4篇』関直彦、1884年6月。NDLJP:896942
    • ビーコンスフヰールド『春鴬囀 政党余談絵入』関直彦、1885年11月。NDLJP:896943
    • ビーコンスフィールド『春鴬囀 政党余談絵入』雄松堂書店〈明治初期翻訳文学選 第2期〉、1982年1月。
  • ブルーム『英国訴訟法註釈』石川治兵衛、1886年2月。NDLJP:795096
    • ブルーム『英国訴訟法註釈』信山社出版〈日本立法資料全集 別巻 380〉、2005年12月、復刻版。ISBN 9784797249453
  • 『開巻驚奇 西洋復讐奇談 前編』金港堂、1887年4月。NDLJP:897009

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第89号、昭和2年4月19日。
  2. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。

参考文献編集

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。