関税暫定措置法

日本の法律

関税暫定措置法(かんぜいざんていそちほう)は、国民経済の健全な発展に資するため、必要な物品の関税率の調整に関し、関税定率法及び関税法の暫定的特例を定める日本の法律法令番号は昭和35年法律第36号、1960年(昭和35年)3月31日に公布された。最終改正は、関税暫定措置法の一部を改正する法律(令和4年法律第27号)。

関税暫定措置法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 暫定法
法令番号 昭和35年法律第36号
種類 租税法
効力 現行法
主な内容 関税率の暫定的変更、暫定的な関税の減免税、特恵関税制度
関連法令 関税法関税定率法
条文リンク 関税暫定措置法 - e-Gov法令検索
テンプレートを表示

下位法令・通達編集