1669年版の口絵銅版画。下絵はグリンメルスハウゼンによって描かれたものとされている。[1]
1669年版の標題ページ[2]

阿呆物語』(あほうものがたり、古独:Der abenteuerliche Simplicissimus[3])は、17世紀ドイツの小説。作者はハンス・ヤーコプ・クリストッフェル・フォン・グリンメルスハウゼン(?1622 - 1676)。原題は「冒険者ジンプリチシムス」の意[2]。 17世紀ドイツを代表する民衆小説であり、当時のベストセラーであるばかりでなく、ドイツ・バロック小説のなかでは、ほぼ唯一現在も読み継がれている作品である[4]

概要編集

初版は1668年に 5巻本が出版されたが現存していない。初版が好評を得たため翌年に再刊された。この出版も5巻本で、著者名はゲルマン・シュライフハイム・フォン・ズルスフォルト(German Schleifheim von Sulsfort)という変名が用いられた。同1669年に初版を底本に、第6巻を追加し再刊されたが、著者名はこれも変名のザームエル・グライフェンゾーン・フォン・ヒルシュフェルト(Samuel Greifnson vom Hirschfeld)。そのため長い間真の作者がわからず、グリンメルスハウゼンの名は1837年にヘルマン・クルツ(Hermann Kurz)によって明らかにされた[5]

手塚富雄は、この作品に関しドイツ小説史において特別の意義を持ち、『パルチファル』から本書を経て、ウィーランドの『アガトーン』、ゲーテの『ウィルヘルム・マイステル』、ケラーの『緑のハインリッヒ』へとつづく伝統的な教養小説の範疇に属するものである、と述べている。また、スペイン、フランス等のピカレスク(悪党)小説の形式的影響を受けながらドイツ長編小説の特色をつらぬいている、と評価している。[6]。一方、作品自体は個人の成長よりも、ジンプリチウスに人間存在一般を代表させてその生を多角的に描き出すことを主眼としているという解釈もある[7]

あらすじ編集

物語は三十年戦争を背景にしている。山村に育った主人公は、10歳のとき、戦争の余波で村が襲われたために逃げ出して孤児となり、森の奥で老いた隠者に拾われる。隠者は彼にジンプリチウス・ジンプリチシムス:Simplicius Simplicissimusと名付けて読み書きを教え、2年後に世を去る。天涯孤独となった主人公は戦乱の世を小姓や道化、兵隊などさまざまな職を経験しながら渡り歩き、悪事と女性遍歴を重ねながら世界中を放浪してまわる。やがて長い放浪の果てに故郷に帰ると平和が戻っており、ジンプリチウスは自分の半生を振り返って隠者になることを決め、最後に南海の孤島に渡ってそこで余生を送る。

日本語訳書籍編集

関連作品編集

注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 義則孝夫『Simplicissimusの"titelkupfer"について : バロック詩学の一断面』關西學院大學文學會 人文論究,37(4),54-67 (1988-01-15) p. 54 pdf p.54
  2. ^ a b 全標題は、「ドイツの冒険家ジムプリツィシムス、すなわちメルヒオール・シュテルンフェルス・フォン・フックスハイムと称する奇妙な放浪人の生涯の記録、つまりどこでどのようにして彼はこの世にまみえたか、彼はそこで何を見、何を学び、何を経験し、何を耐えたか、またなぜに彼がこの世をふたたび自発的に清算したか。読めば興味は尽きず、得るところは多大、世に問うはゲルマン・シュライフハイム・フォン・ズルスフォルト、モンペルガルトのヨハン・フィリオン書店発行、一六六九年」(Der Abenteuerliche Simplicissimus Teutsch / Das ist : Die Beschreibung des Lebens eines seltsamen Vaganten, genannt Melchior Sternfelts von Fuchshaim, wo und welchergestalt er nӓmlich in diese Welt kommen, was er darin gesehen, gelernt, erfahren und ausgestanden, auch warum er solche wieder freiwilig quittiert, / Überaus lustig, und mӓnniglich zu lesen. An Tag geben von German Schleifheim von Sulsfort, Mompergart, gedruckt bei Johann Fillion, im Jahr MDCLXIX. / Continuatio des abenteuerlichen Simplicissimi, oder Der Schluß desseben, Durch German Schleifheim von Sulsfort. Mompergart, bei Johann Fillion, 1669.)義則孝夫『教養小説と発展小説 : 《ジムプリツィシムス》への接近の試み』人文研究:大阪市立大学大学院文学研究科紀要 14(11), p.910-935, 1963 pdf p.22-23
  3. ^ simplicissimusは 古独simplexの最上級
  4. ^ 義則孝夫 『グリムメルスハウゼンの諸問題』 人文研究:大阪市立大学大学院文学研究科紀要 17(8) 1966.08 p.42~65 pdf p.42
  5. ^ 望月市恵訳『阿呆物語』上巻 岩波文庫 前書き p.3-4
  6. ^ 河出書房 世界文學全集 古典篇 中世物語篇 1951年 解説 p.385
  7. ^ 望月市恵訳『阿呆物語』上巻前書き p.11-12