メインメニューを開く

阿羅哈客運(アロハきゃくうん,アロハバス)は台湾高雄市を拠点に南北間の長距離高速バス路線を展開するバス事業者。

阿羅哈汽車客運股份有限公司
Aloha Bus Company, Ltd.
AlohaBus AH880 Front.jpg
阿羅哈客運の車両
種類 股份有限公司
市場情報 非上場
略称 阿羅哈客運、阿羅哈
本社所在地 台湾
807
高雄市三民区建国二路261号
設立 1999年
業種 陸運業
事業内容 高速乗合バス運行
代表者 陳瑞鈴
資本金 2.52億台湾ドル
外部リンク http://www.aloha168.com.tw/
テンプレートを表示
阿羅哈汽車客運股份有限公司
各種表記
繁体字 阿羅哈汽車客運股份有限公司
簡体字 阿罗哈汽车客运股份有限公司
拼音 ā luó hā kè yùn
注音符号 ㄚ ㄌㄨㄛˊ ㄏㄚ ㄎㄜˋ ㄩㄣˋ
発音: アールォハー ケーユン
台湾語白話字 A-lô-ha kheh-ūn
英文 Aloha Bus Company, Ltd.
テンプレートを表示
阿羅哈客運のおしぼり
阿羅哈客運の乗車券。表面と裏面

概要編集

観光バス業者の世昌通運が前身。1995年以降の交通部による国道客運民間開放時に現在の社名に改名のうえ、免許申請。 1998年1999年台北市 - 嘉義市・高雄市の免許を取得し、市場参入を果たした。

特色編集

緑一色の車体がトレードマークで、企業理念として「永遠以乘客的需求為走向(永遠の顧客志向)」、「提供超越乘客期待的服務為目標(乗客の期待する以上のサービス提供を目標とする)」[1]」を掲げ、台湾唯一の女性客室乗務員添乗、「総統座」(總統座,プレジデント・シート)と呼ばれる座席ごとに備えられたテレビ、ゲーム用液晶モニター、充電コンセント、電動マッサージ機能つきの独立2列フルリクライニングシートや、、無料の軽食・ドリンク・雑誌・毛布サービスなど低価格を売りにする並行他社路線とは一線を画した高級志向で知られているほか、女性経営者による独自のプロモーションも話題性が高い。

総統座椅のほか、3列座席の皇后号もある。台北 - 高雄間は総統座の片道普通運賃で715元台(オフピークの促哨時段で590元)、皇后座で同618元台(促哨時段540元)と他社より高めだが、24時間高頻度運行で競争力を維持している。鉄道と比べても所要時間(約5時間)でも台鉄自強号とは大差がなく、利便性・経済性では優位にある。

バスターミナル編集

站名 住所 電話 備考
台北総站 台北市大同区市民大道一段209号 02-2550-8488 台北転運駅
新荘 新北市新荘区新北大道二段290号(旧称中山路) 02-8521-3735
板橋 新北市板橋区新站路66号 02-8968-1668 zh:板橋客運站( 板橋駅
林口 桃園市亀山区復興一路145号 03-328-6277 林口交流道至近
桃園 桃園市蘆竹区南崁里17鄰4-6号 03-317-6900 桃園交流道至近
新竹 新竹市大学路29号 03-571-6667 新竹交流道至近
zh:朝馬 台中市西屯区與至善路2号 04-2451-0858 台中交流道至近
斗南 雲林県斗南鎮大業路85号 05-595-5001 斗南交流道至近
大林 嘉義県大林鎮甘蔗菕小段306号 05-264-2376 大林交流道至近
嘉義北站 嘉義市北港路1430之1号 05-237-5005 嘉義交流道至近
嘉義総站 嘉義市中興路1号 05-233-9900 嘉義転運站( 嘉義後站)
岡山 高雄市燕巣区安招路830号 07-616-2866 岡山交流道至近
楠梓 高雄市楠梓区楠梓交流道北上處 07-353-4638 楠梓交流道至近
九如 高雄市三民区九如路一段204号 07-384-1507 高雄交流道至近
高雄總站 高雄市三民区建国二路261号 07-237-5640  高雄駅

路線編集

 
車両背面
 
阿羅哈客運SCANIA K380IB皇后号

嘉義・高雄線ともノンストップの直達と途中の交流道で客扱いをする便がある

使用車種編集

関連項目編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ (繁体字中国語)公司沿革
  2. ^ (繁体字中国語)阿羅哈新聞

外部リンク編集