メインメニューを開く
阿部宇之八

阿部 宇之八(あべ うのはち、文久元年2月28日1861年4月7日) - 大正13年(1924年11月14日)は、札幌区長ジャーナリスト

経歴編集

阿波国板野郡木津村(現在の徳島県鳴門市)に滝本五郎の子として生まれ、叔父阿部興人の養子となった。1877年明治10年)、東京に出て、慶應義塾三菱商業学校で学んだ。1882年明治15年)、『大阪新報』の記者となり、のち『大阪毎朝新聞』に転じ、『大阪毎朝新聞』は『郵便報知新聞』に吸収された。

1886年(明治19年)、北海道に渡って北海道庁属となった。翌年、北海道庁を辞し、『北海新聞』(のち『北海道毎日新聞』)の経営にあたった。1901年、『北海道毎日新聞』は『北門新報』及び『北海時事』と合併し、『北海タイムス』となったが、引き続き理事として経営にあたった。

1913年大正2年)、札幌区長に選出され、1919年(大正8年)まで在職した。

その他、北水協会幹事長、監事を務めた。また区長退任後は北海道青年協会を創設し、『北海青年』を創刊した。

参考文献編集

  • 阿部宇之八伝記刊行会編『阿部宇之八伝』阿部宇之八伝記刊行会、1933年。NDLJP:1208343