阿部 房豊(あべ ふさとよ)は、江戸時代前期から中期にかけての武士。芝山房豊とも。通称は五郎次郎、五次右衛門。陸奥国湯長谷藩(福島県いわき市)の家臣、阿部五次右衛門家の2代当主。

 
阿部房豊
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永16年(1639年
死没 宝永3年(1706年
別名 芝山房豊、通称:五郎次郎、五次右衛門
主君 遠山政亮
陸奥湯長谷藩
氏族 芝山家→阿部氏
父母 父:芝山宣豊、母:佐山氏娘
養父:阿部致康
兄弟 芝山定豊芝山宣助房豊安倍瑞屯、安倍瑞屯養女[1]
磯村元親
房幹芝山宣定
テンプレートを表示

略歴編集

権大納言芝山宣豊の三男として誕生。母は家女房佐山氏の娘。祖父・右京亮阿部致康の養子となる。

貞享4年(1687年)、大坂定番遠山政亮(初代・湯長谷藩主)に仕え、給人格(扶持米取)に列す。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 設楽貞政
  2. ^ 左将監