芝山家(しばやまけ)は、藤原北家勧修寺流のうち勧修寺家庶流堂上家家格は、名家家紋は三つ集め雀。

芝山家
No image available.svg
三つ集め雀みつあつめすずめ
本姓 藤原北家勧修寺家庶流
家祖 勧修寺経顕
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
支流、分家 芝山氏武家
阿部五次右衛門家(武家)
今園家奈良華族
芝小路家(奈良華族)
凡例 / Category:日本の氏族

右京亮阿部致康准大臣勧修寺晴豊の五男)の実子である大蔵卿勧修寺宣豊が、叔父である権大納言勧修寺光豊猶子となり、芝山を称したのにはじまる。

芝山とは元々は勧修寺家の別称であり、勧修寺家初代、内大臣勧修寺経顕も芝山内大臣と称した。

略歴編集

初代・権大納言芝山宣豊以降、代々歌道を業とし、江戸時代石高は、蔵米100石であったが、10代・芝山慶豊明治に至り華族に列し、12代・芝山祐豊子爵に叙せられた。

明治元年(1868年)、8代・宮内大輔芝山国典の養子で、興福寺賢聖院住持の国映が復飾して「今園家」を、また、7代・宮内大輔・芝山国豊の養子で興福寺成身院住持の豊訓が、同じく復飾し「芝小路家」をそれぞれ興した。

明治12年(1879年)、芝山慶豊が隠居し、養母の9代・民部大輔芝山敬豊正室芝山益子坊城俊明の養女、実は8代・芝山国典の娘)が一旦は家督を相続するものの、明治17年(1884年)養子の芝山祐豊家督を譲った。

菩提所は、浄華院。居所は、院参町西寄とした。

歴代当主編集

  1. 芝山宣豊 (1612 - 1690)
  2. 芝山定豊 (1638 - 1707)
  3. 芝山広豊 (1674 - 1723)
  4. 芝山経業 (1705 - 1762)
  5. 芝山重豊 (1703 - 1766)
  6. 芝山持豊 (1742 - 1815)
  7. 芝山国豊 (1781 - 1821)
  8. 芝山国典 (1818 - 1843)
  9. 芝山敬豊 (1837 - 1862)
  10. 芝山慶豊 (1861 - )
  11. 芝山益子 ( - )
  12. 芝山祐豊 ( - )子爵。坊城俊政の三男
  13. 芝山孝豊 (1875 - )子爵。葉室家30代当主葉室顕孝の六男で男爵の粟田口定孝の次男。芝山祐豊の死後養子となり、1894年家督を継ぐ。陸軍士官学校卒、陸軍步兵中佐。妻の松子は高崎正風の次女。娘の順子は稲垣長賢の妻[1]。姉の粟田口綾子(定孝の三女[2])は宮中女官。
  14. 芝山信豊 (1912 - )子爵。芝山孝豊の次男。生後すぐ粟田口定孝の養子となり、1918年に家督を継いだが、1938年に養子(葉室直躬の二男頼言)に粟田口家の家督を譲って隠居したのち、実父母と養子縁組して芝山家を継いだ。[2]
  15. 芝山康豊

系図編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 芝山孝豊『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  2. ^ a b 京都地方裁判所 昭和40年(ワ)135号 判決大判例
  3. ^ 陸奥湯長谷藩士
  4. ^ 尾張徳川家家臣芝山氏祖。
  5. ^ 旗本・小普請、600石。
  6. ^ 四辻季輔の2男。
  7. ^ 高丘季起の2男。
  8. ^ 水無瀬氏孝の子。
  9. ^ 勧修寺経逸の2男。
  10. ^ a b 坊城俊政の子。
  11. ^ a b 坊城俊明の子。
  12. ^ 坊城俊政の2男。
  13. ^ 勧修寺経理の6男。
  14. ^ 粟田口定孝の2男。