メインメニューを開く

陳 三立(ちん さんりつ)は清末から中華民国にかけての詩人。伯厳、号は散原

陳三立
Chen Sanli photo.jpg
陳三立
プロフィール
出生: 1853年咸豊3年)
死去: 1937年民国26年)9月19日
中華民国の旗 中華民国(国民政府)北平市西城
出身地: 清の旗 江西省南昌府義寧州
(現在の九江市修水県寧州鎮[1]
職業: 詩人
各種表記
繁体字 陳三立
簡体字 陈三立
拼音 Chén Sānlì
注音二式 Chén Sānlì
和名表記: ちん さんりつ
発音転記: チェン サンリー
ラテン字 Ch'en San-li
テンプレートを表示
陳三立(徐悲鴻画)

父親の陳宝箴変法派の人物で、陳三立自身も譚嗣同丁恵康呉保初とともに「維新四公子」と称された。戊戌の政変後は政治から離れ、詩人として活動した。歴史学者の陳寅恪と画家の陳衡恪は子である。

年表編集

脚注編集