陳啓宗(ちん けいそう、ロニー・チャン[1]中国語: 陳啟宗英語: Ronnie Chan Chi-chung1949年[2] - )は、香港実業家。不動産開発会社・恒隆集団と同社子会社の恒隆地産董事長[3][4]中華人民共和国広東省順徳市(現:仏山市順徳区)出身[5]

2009年撮影

父は同社の創業者の陳曾熙[1]。弟は陳曾燾[6]。長男は陳文博[7]

来歴 編集

聖保羅男女中学中国語版の中国学部を卒業後、南カリフォルニア大学でMBAを取得した[8]

陳曾熙の死去後、一時的に陳曾燾が恒隆集団を引き継ぎ、1991年1月1日に陳啓宗が同社の董事長に就任することになった[3][9]。同社の董事長としては3代目[9]

2017年6月30日の香港返還以来、20番目の栄誉リストから大紫荊勲章を受賞した[10]。2018年9月、「世界で最も影響力のある中国の商人トップ10」の1つに選ばれた[11]

2024年1月30日、恒隆集団と恒隆地産の董事長を退任すると発表した[7]。後任は長男の同社の副董事長を務めていた陳文博が就任予定[7]

人物 編集

香港地産建設商会中国語版の副会長、アジア協会 (アメリカ)英語版の副会長および香港支部の会長であり、中国国務院および中国発展研究基金会理事会の顧問でもある[12]。また、香港科技大学、南カリフォルニア大学、清華大学などの多くの国際的なシンクタンクや大学の理事会または諮問委員会のメンバーでもある[12]

脚注 編集

  1. ^ a b 陳啓宗:眠れる大財閥から、香港最大手デベロッパーへ(1ページ目)”. Searchina. エキサイト (2008年7月7日). 2021年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  2. ^ 中環在線:陳啟宗牛一 星級學者陪慶生 - 李華華”. 蘋果日報 (2014年12月12日). 2019年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  3. ^ a b 公司簡介”. 恒隆集団. 2021年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  4. ^ 董事會”. 恒隆地産. 2021年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  5. ^ 陈启宗兄弟向哈佛捐赠3.5亿美元”. 顺德新闻网. 顺德权威网络媒体 (2014年9月10日). 2021年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  6. ^ 恒隆集團致股東函(2019年報)|陳啟宗:溫故與知新,恒隆這60年”. 觀點地產網 (2020年3月25日). 2021年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  7. ^ a b c 恒隆の陳啓宗会長が退任、息子に代替わり”. NNA ASIA. NNA (2024年1月31日). 2024年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月29日閲覧。
  8. ^ 熱心校友陳啟宗”. 蘋果日報 (2006年1月10日). 2017年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  9. ^ a b 陳啓宗:眠れる大財閥から、香港最大手デベロッパーへ(2ページ目)”. Searchina. エキサイト (2008年7月7日). 2021年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月4日閲覧。
  10. ^ 香港公布2017年授勋名单”. 中国中央電視台 (2017年6月30日). 2021年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  11. ^ 最具影响力十大华商评出:曹德旺、陈启宗、郭鹤年等入选”. 澎湃新闻 (2018年9月16日). 2021年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  12. ^ a b 董事簡介”. 恒隆集団. 2012年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
先代
第2代:陳曾燾
恒隆集団董事長
第3代:陳啓宗
次代
第3代:陳文博